様々な分野で活躍する3Dスキャナー|時間短縮とコスト削減に繋がる

  1. ホーム
  2. エコ業務効率

エコ業務効率

ラミネーター

フィルムにもいろいろ

ラミネート加工とは、別名パウチ加工とも言われますが、紙の表面部分を透明なフィルムで覆う加工をいいます。紙は破れやすく水にも弱いですから、ラミネート加工をしておくことで、劣化を防ぐことができます。また、この加工を施すことで、きれいに見えるメリットもあるため、ディスプレイ用として活用することも有効です。このような特徴から、例えば、飲食店ならば自作のメニュー表に、店舗であれば自前の会員カードを発行する場合などに利用することができます。また、社内のマニュアルやよく利用する出前店のメニューなどにもラミネートしておくと便利と言えるでしょう。なお、ラミネート加工を行う際に用いるフィルムには、さまざまなものが準備されています。厚さや光沢やUVカット機能の有無、静電気を抑える機能などが代表例です。状況に応じて、フィルムも正しい選択を行うことが理想的です。

1台は設置するべき

ラミネート加工を施すには、ラミネーターを購入するかレンタルする、あるいは印刷業者などに任せることとなります。ただし、A3サイズまでのラミネーターはそれほど高額なものでもありませんから、事務所や店舗に1台設置しておく価値は十分にあると言えるでしょう。なぜなら、出力した文書をラミネート加工しておけば、文書を何度も印刷する必要がなくなり、いちいちパソコンで文書を確認する手間も省けるからです。つまり、ラミネーターを設置すると、間接的ながらも、エコや業務効率の改善に役立つのです。ここに、ラミネーターを導入する法人が多い理由があります。ただし、A3サイズを超えるポスターなどをラミネートする場合には、対応できるラミネーターをレンタルするか、印刷業者などに任せた方がコストがかからないのが原則です。