様々な分野で活躍する3Dスキャナー|時間短縮とコスト削減に繋がる

ラミネーター

エコ業務効率

紙をラミネートすると、劣化防止と美しく見せるメリットがありますから、事務所や店舗でも多いに活用できます。また、ラミネートすることで、紙を何度も出力する必要とパソコンで確認する手間が省け、エコや業務改善に役立ちます。フィルムにもさまざまな厚さや機能を持つものがありますから、正しく選択しましょう。

インク

複写機戦略はこうやれ

東芝の複写機は、高性能でかつ、コンパクトなサイズが受けて人気がある機種となっています。特に「消せるトナー」の開発によりコピー用紙の再利用が可能となったことで最近では、大きく注目されています。使用されているトナーも安価でかつ手軽に交換でき、しかもコンパクトな仕様という点で非常に魅力のある製品となっています。

インク

使いやすいカートリッジは

シャープの複写機は低価格という魅力から人気があります。また、使用されるトナーについても、安価な価格で提供されている点で利用者が多くなっています。トナーは純正品を使用し、使用後はメーカーや販売店へ返却する必要があります。トナーの保管は湿気の無い場所とすることなどに注意しておくとよいでしょう。

造形物を3Dデータ化

3Dプロッタ

様々な分野での活用事例

近年、3Dスキャナーは測定精度の大幅な向上と小型化により、様々な分野で活用されるようになりました。製造業分野では、自動車産業におけるリバースエンジニアリングを目的としたクレイモデルの3Dデータ化や、設計図から製造されたパーツの寸法の差異及び欠陥の有無の確認に、3Dスキャナーが利用されています。医療分野では、3Dスキャナーで患者の体を3Dデータ化する事により、各患者専用の義手や義足の作成、整形手術の工程や術後の結果表示、インプラント治療での義歯の作成なども迅速、且つ的確に行う事が可能です。文化遺産・美術分野では、3Dスキャナーでの3Dデータ化で、化石や古代の出土品、工芸品のデータベース化や、破損した美術品などの修復シミュレーションを行う事が出来ます。映画やゲームといったエンターテインメント分野では、CGで使われる物を作成する場合、現物を3Dスキャナーで取り込んで3Dモデル化する事で大幅な時間短縮とコスト削減が期待できます。ファッション分野では、オーダーメードの服や靴を作る際に、3Dスキャナーで体の各部位を測定して3Dデータ化し、型紙を自動作成する事で短時間での製作が可能です。

計測方式と特性

現在、3Dスキャナーの主な計測方式には接触式と非接触式の2種類があります。接触式はプローブと呼ばれる鉄やルビー、セラミックの探針で対象物に接触して、三次元座標を測定します。測定精度に優れ、主に精密な工業製品の測定などに用いられますが、正確に測定するには熟達した技術を必要とします。非接触式では光線を対象物に照射し、反射光の時間差や、入射角度と反射角度の差異から三次元座標を測定します。一度に大量のデータを処理出来るので、非常に高速に測定可能です。非接触式は大きく分けてレーザー光切断方式とパターン投影方式の2種類があります。レーザー光切断方式は、レーザー光線で対象物をスキャンして測定します。明るい場所で使用可能ですが、スキャン時の揺れでデータの表面に凹凸が生じ易くなります。小型で扱い易く、比較的安価で購入可能です。近頃ではハンディタイプの機種が様々な分野で利用されています。パターン投影方式では、縞模様のパターンを対象物に投射して測定が行われます。高速、且つ精密な測定が可能ですが、暗所での作業が必要です。人物の全身の測定などに向いており、医療やファッション分野で活用されています。